乳腺外科・内科

日本の女性の乳癌の発生率は年々増加し、女性のかかる癌の上位を占めていた胃癌・子宮癌を抜いて現在、女性のかかる癌のトップの座を占めようとしています。

また、乳癌は30歳代から増加し始め、40~50歳代に最も多く見られる癌でもあります。
乳癌が増えてきた理由として、日本女性のライフスタイルの変化が大きく関与しています。

食生活の欧米化や、昔にくらべて栄養状態がよくなり初潮年齢が早く閉経年齢が遅くなっていることや、

   

女性の社会進出により、妊娠未経験者や初産年齢が高くなり、女性ホルモンが活動している期間(生理のある期間)が長くなってきたことが大きな要因として考えられています。

しかしながら、一番かかりやすい癌だからといって、怖がる必要はありません。乳癌は早期に発見できれば死にいたらない癌でもあるのです。

30歳になったら、乳癌の早期発見のためにも、乳腺(にゅうせん)外来・乳がん検査を受けることをお勧めします。

乳がん検査

乳がんの検査でもっとも有効な方法は、マンモグラフィ(エックス線検査)です。

他の検査方法では、超音波検査もあります。

この二つともを受けることが望ましいとされています。

当院では最新デジタルマンモグラフィを導入し、専門医による高度な診断と治療を行っております。

当院では、マンモグラフィの読影はマンモグラフィ精度管理中央委員会の認定資格を取得した読影医師が担当し、撮影は、マンモグラフィ精度管理中央委員会の認定を受けた放射線技師が行います。※女性医師、女性放射線技師も在籍しております。

文京区乳がん検診

文京区以外にお住まいの方で、乳がんの検査をご希望の方は、診察の上で必要な検査を予約いたしますので、通常通りの外来を受診してください。

また、自費診療の乳腺ドック(費用は5200円です)も、ご用意しております(予約制です)。

乳腺(にゅうせん)外来・乳がん検査(健康保険適用診療)

1.問診・視診・触診

自覚症状や乳房の形・色・しこり・えくぼを検査します。

2.乳腺エコー

乳房に超音波(ちょうおんぱ)を当てて診断します。

3.マンモグラフィー

乳房専用のレントゲン装置を用いて診断します。

以上の検査・診察を合わせて約30分で終了します。
お知らせ

妊娠中または妊娠している可能性のある方は、X線検査をお受けになる前に医師または放射線技師にお知らせ下さい。