職業倫理綱領・臨床倫理綱領

職業倫理綱領

医の倫理綱領

医学および医療は、病める人の治療はもとより、人びとの健康の維持もしくは増進を図るもので、医師は責任の重大性を認識し、人類愛に根ざした慈愛の心を基に全ての人に奉仕するものである。当院診療部の医師は、医療人としての職責の重大性を認識し、医の倫理綱領(社団法人 日本医師会)を遵守します。

  1. 医師は生涯学習の精神を保ち、つねに医学の知識と技術の習得に努めるとともに、その進歩・発展に尽くす。
  2. 医師はこの職業の尊厳と責任を自覚し、教養を深め、人格を高めるように心掛ける。
  3. 医師は医療を受ける人びとの人格を尊重し、やさしい心で接するとともに、医療内容についてよく説明し、信頼を得るように努める。
  4. 医師は互いに尊敬し、医療関係者と協力して医療に尽くす。
  5. 医師は医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に尽くすとともに、法規範の遵守および法秩序の形成に努める。
  6. 医師は医業にあたって営利を目的としない。

職員倫理綱領

当院職員は、医療人としての職責の重大性を認識し、当院の病院理念に基づき 、下記の通り職業倫理を定めます。

  1. 医療を受ける患者様の人格を尊重し、患者様の立場にたって心温かく接するとともに、医療内容やその他必要な事項についてよく説明し、信頼を得るよう努めます。
  2. 医療を受ける患者様のプライバシーを尊重し、職務上の守秘義務を遵守します。
  3. 生涯学習の精神を保ち、知識と技術の習得に努めるとともに、その進歩・発展に尽くします。
  4. 職業の尊厳と責任を自覚し、教養を深め、人格を高めるように心掛けます。
  5. 互いに尊敬し合い、良き協力関係のもとに医療に尽くします。
  6. 医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に尽くすとともに、法規範を遵守します。

看護・介護職員倫理綱領

  1. 看護・介護職員は、必要とするすべての人に対して存在し、使命を果たします。
  2. 看護・介護職員は、常に学び実践して看護・介護能力の維持向上に努めます。
  3. 看護・介護職員は、生命を尊び人の尊厳と権利を尊重します。
  4. 看護・介護職員は、他の医療関係者と連携協力して、看護や介護を受ける人々の安全確保に最善を尽くします。
  5. 看護・介護職員は、個人情報を保護し、本人の了解なく他へ知らせません。
  6. 看護・介護職員は、専門職としての名誉を重んじ、品行を高く維持し、質の高い看護・介護を提供するよう努めます。
  7. 看護・介護職員は、地域社会の健康増進や自立した日常生活の確保に寄与します。
  8. 看護・介護職員は、健康増進、疾病予防、苦痛緩和、健康回復、自立した日常生活の確保の責任を遂行します。

臨床倫理綱領

  1. 患者さんの人格を尊重し、公平で公正な医療を行います。
  2. 患者さんにとって最善で最良の医療を行います。
  3. 治療の十分な説明と同意に基づいて、患者さんや家族の意思を尊重します。
  4. 治療や臨床研究において、関係法令やガイドラインを遵守します。
  5. 患者さんの個人情報を保護し、守秘義務を遵守します。
  6. 臓器移植については「臓器の移植に関する法律」及び「臓器の移植に関する法律の運用に関する指針(ガイドライン)」を遵守します。
  7. 【一次改定:平成23年11月1日(第6項目追加)】