ごあいさつ

一般財団法人 慈愛会 理事長 財団法人 慈愛病院 院長 吉田勝俊

慈愛病院は1953年(昭和28年)に当地(文京区本郷)において開院以来、地域の患者様や高齢者の皆様にとって、何が大切か、何が求められているかを常に考えながら、最善の医学・看護・介護、最新な医療設備、快適な療養環境をめざして、日々改善、努力して参りました。
外来部門においては地域の皆様が安心して相談できる『かかりつけ医』として、風邪や喘息、腹痛や下痢、頭痛、めまいなどの一般的な疾患や高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の予防と治療、人間ドックや各種健診、外傷や打撲等に対する外科治療などを行っております。また、経験と実績のある『専門医』が各種消化器疾患や肛門疾患の診断と治療、癌の早
期発見などに対し、その専門性を生かした医療を行っております。

入院部門においては高齢者ケアを専門的に担う文京区で唯一の『介護療養型病院』として、院内安全対策の確立や身体抑制の無い自由で主体性のある生活の保障、高齢者の終末期医療におけるチームケア、褥瘡の予防と治療など、高齢者の尊厳を重んじた『End-of-Life-Care(人生の晩年期のケア)』を実践する事によって、入院されているすべての患者様が『長く生きる』だけでなく『豊かに生きる』ことができる質の高い療養生活の提供を目指しております。そして、そのためにも、患者様の人生を損なうこと無く、その声に耳を傾け、優しく手を差し伸べられる『高齢者の人生を見つめる医療』を職員一同と共に実践していかなければならないと考えております。

今後とも、小さい病院ではありますが小粒でもキラリと光る、皆様の期待に充分応えられる地域に密着した『慈愛にみちた医療』を目指し、努力して前進していく所存です。どうぞ、よろしくお願い致します。